住宅改修

介護認定を受けられた方で介護度に関係なく限度額20万円までとして住宅改修費の支給申請ができます。
その内の9割が介護保険にて給付されます。

介護保険での適用改修事項は次の通りとなります。

①手すりの取付け
②床段差の解消
③滑り止め・床材の変更
④引き戸への扉の取替え
⑤洋式便器への取替え
⑥上記工事に付帯して必要な工事
以外にも「こんな工事も対象なの?」って事がたくさんあります。よくお尋ね下さい。

限度額が20万円までですので、現状の身体状況をよく考慮して必要な部分のみの施工に留めて、一度に使い切るような事はしない方がいいのではないかと思います。
無理やり「ここも、あそこも・・・」という業者もあるようです。悪徳業者には気をつけて下さい。
床下を見たり、外壁や屋根裏をついでに見て、心配事を言う業者にも気をつけてください。

何回に分けても限度額までは、給付を受けることができます。

給付限度額(20万円)をオーバーしてしまった場合は、オーバーした分は実費になります。給付範囲内分だけが、給付対象となります。(自己負担は、2万円+オーバー分となります。)

福祉用具のレンタル(手すり)や介護用品(入浴用手すりやシャワーチェア)などと併用して提案をしてもらって費用を分散して抑える方法もあります。

施工業者を選ぶポイント

 住宅のリフォーム(バリアフリーリフォーム)に十分な経験と実績がある。

 相談時に話を親身に聞いてくれて、一方的な判断・意見を押し付けない。

 医療(リハビリ)との連携がとれ、対応できる知識がある。

 予算に応じたリフォームができ、わかりやすい見積もりが提示できる。

 各保険者との連携ができていて、申請業務などの事務処理が迅速にできる。

「住宅改修」でトラブル続出!

 ●「手すり一本ではお請けできないので」と言われ、今は要らない所へも付けられた。

 ●「一回しか利用できないので」と無理やり20万円工事内容になった。

 ●床下や屋根裏まで検査されて、後日に他業種の業者が訪問してきた。

 ●施工日に下請け業者がみえて打ち合わせと違う高さに手すりを付けられた。

 ●同居の家族の事を考慮してもらえず、強行で施工され別居する羽目になった。

 ●手すりを付けるとは聞いていたが、実家に久しぶりに帰ったら、家が建て変わっていた。

 などなど、笑い話にもなりません!

 まだまだ、いろんなトラブルがあります。

 

 介護保険で1割でしてもらえるからと。油断せずにカードをしっかり慎重にご依頼をして下さい。

 「手すり1本で生活が楽になりますよ!」

 

 

 

 

 

 

Copyright(c) MIE-KENKOUKANRI-SYSTEM All Rights Reserved.